-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-10-05 09:30 | カテゴリ:考察
久々に考察記事でも書いてみようと思います。

今回は【代行天使】と【TG代行天使】についてです。

EXPが来日することで環境がかなり変わるとは思いますが、まあ無くなることは無いデッキだとは思うので一応意味はあるのではないでしょうか……


・【代行天使】について

ここでいう【代行天使】は一般的には純代行と呼ばれるタイプのデッキになります。
一時期、具体的には【TG代行天使】がTOPだった時期にはTGを入れない選択などありえない!といった感じでTG代行の下位互換的な扱いでしたが、いまだにストライカーが制限であることや、現在の環境との兼ね合いもあって今ではこっちの方が入賞しているような感じを受けます。(多分純正の方が入賞してるはず)

ともかくデッキサンプルを上げて見てみることにしましょう。

【純正代行天使】40
モンスター 22
クリスティア2 ヒュペリオン3
アース2 ヴィーナス3 球体3 朱光3 
ライオウ2 オネスト カーガン2 クリッター

魔法 8
サイクロン3 強謙2 蘇生 嵐 ブラホ

罠 10
リビデ3 激流2 奈落2 警告2 宣告

EX 15
ガチガチ フェニクス ブラックミスト
アシッド リヴァイエール ゼンマイン リバイス
アームズエイド カタストル ガイアナイト
ブラロ エンシェントホーリーワイバーン スタダ スクドラ ミスト

いわゆるリビデカーガン型の純正代行天使になります。
基本はこんな感じでしょう。多少細部は異なるでしょうがサンプルなので。

-メリットについて-

①このデッキのメリットですが、最も大きなものは“大天使クリスティア”でしょう。
冷静に考えると(ぱっと見でも)ぶっ壊れた性能を持つこのモンスターを採用できることはこのデッキの最大の強みでもあります。
特殊召喚を封じて居座る28打点の強さは説明不要ですし、1キルを行うにあたって問題となりえる、ゴーズ、トラゴ、フェーダーを全て封じることが出来るというのはかなりのメリットです。
クリスティアを一発で突破できるダンセルホーネットのコンボが大幅に環境から消えたというのも追い風になっています。

②2番目には“朱光の宣告者”の搭載でしょう。TG型に比べ天使族モンスターの比率を高めることで、朱光が手札で腐ることを防ぎ、死に札となったクリスや球体を有効活用することで事故率の軽減と大量展開の抑止となっています。また①とも関わることですが、朱光により墓地天使4体の状況を作りやすくしたり、フルに搭載したリビデと組み合わせることで、クリス(とヒュペ)を墓地から釣る下準備もかねています。

③また、このデッキを選ぶ大きなメリットとして、対応力の高さが上げられます。基本パーツ自体はほぼモンスターのみで数もそれほど多くありません。よって、デッキスロット的にかなりの自由度があり、これをサイドチェンジと有効に組み合わせることで、多くのデッキに対してメタが組み込めることは大きな利点と言えるでしょう。リビデ中心のギミックとはかなりのアンチシナジーではありますが、極論サイドから次元も組み込めないこともないです。(お勧めはしませんが)

④また、メタビート的な側面として、ライオウを採用できることも強みの一つでしょう。アース強謙と若干かみ合いが悪いカードも存在しますが、TG型ほどではなく、単騎で強く、リビデとかみ合うといった点でメリットの方が大きいと思われます。


-デメリットについて-
デメリットというのは基本TG型に比べて発生するものだと思ってください。

①まず一つ目は、ワンキル力の低さでしょう。TG型では確実に採用できるパワーカードである開闢の不採用(純正でも積めなくもないですが、腐る確率は高いでしょう。メインは除外したくないクリッターしかいませんし、EXからもブラックミストやカタスぐらいしかいませんw)、TGというブースト無しでは1キルに届かせるには、かなり限定的な状況が要求されます。(大体でヒュペを握っていて、+αがないとダメ)

……しかしながら、トラゴーズ、特に増G+トラゴが流行りかけている現状においては無理なワンキルは悪手であることがほとんどで、そこまで積極的にキルを狙いに行く環境でもないのでそこまでデメリットでもないのかなぁと個人的には思っていますが。

②二つ目は事故です。球体という事故要因はこのデッキを使う上で避けられないもので、これについては割愛しますが、フルに搭載した朱光も(場合によっては)事故となりえます。(先ほど書いたことと矛盾してそうですが、TGと比べてです)。例えばモンスターが玉+朱光のみの場合と玉+ワーウルフのみの場合を比べてみると、前者の方が朱光打てて良いじゃん!みたいな感じですが、継戦能力的には圧倒的に後者に軍配が上がります。朱光を一発打って終わりと、ワーウルフセットサーチから、ストライカーならガチガチまで、ライノなら殴ってそのまま場を継続することまで出来る可能性があります。そういう点においては純正代行天使はTG型に比べ、事故率が高いというよりは、事故った時のカバー出来る力が弱いと言わざるをえません。


-まとめ-
ということでメリットデメリットを上げましたが、このことから純正代行は1キルを主眼としたデッキではなく、朱光で妨害、クリスで制圧という二つのメリットを中心に攻めていくメタビ寄りのデッキタイプであると思います。 爆発力がある程度ある代わりに事故率もそれなりといった感じではありますが。あとは攻め手を大幅にヒュペリオンに依存している面が大きいので、ヒュペリオンを引けない、墓地にも落とせない。といった状況になると苦しいデッキでもあります。(つまりヒュペゲーってことだよ!)


【TG代行天使】について
ぶっちゃけた話、今の環境において、TG型を使うメリットはあまりないと個人的には思ってます。
音羽自身が純正を使っているのもありますが。理由はおいおい述べていきます。
みんな昔のTG型が強かったのを引きずってるんじゃないかなぁ……

まずサンプルレシピ。

【TG代行天使】
モンスター 24
開闢 トラゴ2 ゴーズ ヒュペ3
アース2 ヴィーナス3 球体3  
ストライカー ワーウルフ3 ラッシュライノ
オネスト クリッター 死霊 ジャンクロン 

魔法 9
サイクロン3 強謙2 蘇生 嵐 ブラホ 誘惑 

罠 7
激流2 奈落2 ミラフォ2 宣告 

EX
適当。純代行とあんまり違いはないはず。多分。

結構適当です。すみません。 まあ音羽が組むならこんな感じになると思います。
罠をもう少し削って増G2ぐらい入れたいですが。まあ大体こんなものでしょう。

-メリットについて-

①一番の強さはその1キル能力ですね。ヴィーナスヒュペワーウルフで1体までケアできたり、ヒュペ無くしてもワンキルを達成できたりする爆発力は純正ではありえないものです。しかしながらトラゴがあったり、増Gがある環境においては厳しい面があるのも事実でしょう。ストライカーが制限であることで、全盛期よりかなりパターンが減ったのも向かい風ですしね。

②純代行のデメリットとかなり重複するのですが、TGによる継戦能力と安定性もこのデッキの強みでもあります。TGサーチはパーツを集めるという点ではかなり大きいですし、純代行に比べて攻め手の数が多いというのもかなりの強みではあります。TG→下級代行→ヒュペ→開闢といったように相手の除去に追いつかれない攻めの動きが出来ることはこのデッキを選択する理由の一つになるでしょう。またトラゴーズをメインから採用できることから、ワンキルに対する耐性も純代行に比べ高くなっています。


-デメリットについて-

①一つはバックの薄さです。攻め手を増やすためにモンスターを増やさざるを得ず、そのためにバックが圧迫されるのはデメリットとなりえます。このタイプのデッキは相手を妨害するより、自分を展開させることを主眼としているので、デメリットではないと言えばそうなのかもしれませんが、バックカードの選択が重要なデッキであることも事実でしょう。

②対応力の問題もあります。デッキタイプ(ギミック)がかなりはっきりと決まっているデッキなので、必然的にサイドチェンジで動かせるカード、入れられるカードの幅は純正に比べかなりの制限を受けます。相性がいいデッキならばそのまま押し切ることも可能ではありますが、対応力という点においては純正に比べて劣っているのはほぼ間違いないかと思われます。


-まとめ-
同じ代行天使ではありますが、TG型は攻めの姿勢で押し切るワンキルデッキの色が濃いデッキであるといえましょう。超展開とパワーカードを叩きつける戦術ははまれば強いデッキの典型ではありますが、安定して勝つにはそれなりに構築と運が必要なデッキであるともいえますね。



・代行天使のまとめ

同じ代行天使のデッキではありますが、その姿勢はかなり違うんだよ。というのが今回言いたかったことになります。
デッキの強さとしてどっちが強いのか?ということは相手のデッキや、戦う環境にもよりますので、意味のないことになりますから、ここではそんなことは言いませんが。
どちらのデッキも目指しているものが違う。という事をわかってもらえたらいいと思います。
(純代行びいきっぽくなっているのは音羽のデッキが純代行だからで、そこら辺は主観が入っていますw)

ただ個人的なことを言わせてもらうならば、トップデッキはあっても環境に存在するデッキが多種多様な現在では、安定して勝つという面においては純正の方がちょっと有利なのかなと思っています。理由は書きましたね。

しかしながら、EXP後に増えるであろうゼンマイ、暗黒界に対してどちらの方がマッチするのかもわかりませんし、もしかしたらTG型の方がEXP後の環境には合っている可能性も十分あるので、ある意味楽しみでもあります。

……まあ、どちらのデッキも結構好きなデッキなので、EXPがきても代行天使はどうにかして使っていくつもりですけどね。



ということで今回はこの辺で。

アドバイス、質問、(ちゃんと筋の通った)批判等、いつでも受け付けていますので、どしどしコメントください!お待ちしています!

 
スポンサーサイト
【ジャンル】:ゲーム 【テーマ】:遊戯王OCG
コメント(3) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://oddbane.blog79.fc2.com/tb.php/203-2c18ed54
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。