-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-02-27 17:35 | カテゴリ:考察

ホルアクティが当たらなくてちょっとショックな音羽です

今回はGAOVで登場したライトレイのモンスターについてちょっと考察してみたいと思います

細かいことは続きからです



今回のGAOVで登場したライトレイと名前のつくモンスターは以下の4種類。

GAOV-JP032 《ライトレイ ソーサラー》 Rare
GAOV-JP033 《ライトレイ ダイダロス》
GAOV-JP034 《ライトレイ ギア・フリード》
GAOV-JP035 《ライトレイ ディアボロス》 Rare

どれも光属性でそれに関係する効果を持つモンスター群ですね。
ソーサラーはともかく他はかつてのストラクの看板のリメイクとなっているようです。

……ということはライトレイガイウスとかライトレイ機械巨竜とかも今後来るかもしれませんねw


では一体づつ見ていきましょう


・《ライトレイ ソーサラー》 効果モンスター
星6/光属性/魔法使い族/攻2300/守2000
このカードは通常召喚できない。
ゲームから除外されている自分の光属性モンスターが3体以上の場合のみ特殊召喚できる。
1ターンに1度、ゲームから除外されている
自分の光属性モンスター1体を選択してデッキに戻し、
フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択してゲームから除外できる。
この効果を発動するターン、このカードは攻撃できない。

基本的にはソーサラーの召喚コストのかわりに、効果にコスト(実際は効果)がついたようなものですね。
条件さえ揃っていれば、召喚コストがないので複数展開できるのが強みですが……

一番の問題はその召喚条件。除外ゾーンに光モンスターを3体以上というのは、構築の段階で狙っていかなければ簡単に満たせる条件ではないのがキツイところです。普通のソーサラーの条件に比べてだいぶ縛りがきついのにもかかわらず、効果としては同じというのもちょっと採用をためらわせます。

また「場合“のみ”特殊召喚できる」というテキストになっているため、実質手札からしか出せないのも問題です。
(カオスソーサラーは蘇生制限を満たせば墓地からも特殊召喚できる)

とはいえ効果コスト(実際は光モンスターを戻すのは効果処理)がメリットとなるようならば、採用の価値はあるかもしれません。

墓地の光属性を大量に除外するカード、例えばエルタニンやワームにおけるアナンタなどとはかなりの相性が見込めるように思えます。


・《ライトレイ ダイダロス》 効果モンスター
星7/光属性/海竜族/攻2600/守1500
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地の光属性モンスターが4体以上の場合のみ特殊召喚できる。
1ターンに1度、フィールド上のカード2枚と
フィールド魔法カード1枚を選択して発動できる。
選択したカードを破壊する。


個人的には一番の注目カード。手札からしかSSできないのは痛いですが、その召喚条件は墓地に光4体以上とかなり緩く、手札から簡単に出せる26アタッカーとしても優秀です。

さらにフィールド魔法を使えばカードを2枚も割れる除去能力も持っています。しかもこの効果は選択した3枚のうちどれかが破壊されなくても、他のカードは破壊される裁定が出ているのも評価を上げる一因ですね。

単にネクロバレー、暗黒門、竜の渓谷などの相手のフィールドを割ってもいいですし、歯車街を使えば能動的に攻めに行くこともできるでしょう。


・《ライトレイ ギア・フリード》 効果モンスター
星8/光属性/戦士族/攻2800/守2200
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地の光属性モンスターが5種類以上の場合のみ特殊召喚できる。
自分フィールド上に表側表示で存在するモンスターが戦士族のみの場合、
自分の墓地の戦士族モンスター1体をゲームから除外する事で、
魔法・罠カードの発動を無効にし破壊する。
この効果は1ターンに1度しか使用できない。


召喚条件の厳しさに加え、効果の発動にも制限があるので、かなりデッキを選ぶカード、言い換えればかなり扱いづらいカードになっています。
しかし効果は制限カードである真六武衆シエンのカウンター効果そのもので、強力であることは間違いないでしょう。
ただしこの効果、コストにも縛りがある上に、効果解決時に他の戦士族が表側でいなくなると不発になるという弱点も存在します。


専用デッキでこそ真価が出るカードのような気がするので、出張要因としては厳しいように思えますねー

……頑張ればセイクリッドで出して、プレアデスと並べたら強そうではありますがw


・《ライトレイ ディアボロス》 効果モンスター
星7/光属性/ドラゴン族/攻2800/守1000
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地の光属性モンスターが5種類以上の場合に特殊召喚できる。
1ターンに1度、自分の墓地の光属性モンスター1体をゲームから除外する事で、
相手フィールド上にセットされたカード1枚を選択して確認し、
持ち主のデッキの一番上または一番下に戻す。


伝説級に糞カード使い辛いカードの代名詞だったあの《魔王 ディアボロス》のリメイクカード。
召喚条件も重く、普通のデッキでは採用をためらわせますが、墓地に光モンスターを送れるデッキならば、かなり強力なモンスターであることは間違いないでしょう。

・コスト無しSS可能の28打点
・なぜかライトレイの中でこいつだけ蘇生制限を満たせば蘇生可能
・うまくいけば伏せ除去+ドローロック可能

恵まれてんなぁ……もとが酷いカード個性的なカードだったのもあるかもしれませんがw



基本的にソーサラーとギアフリードは専用のデッキ構築が必要になるので、出張要因としてこれから見ることになるのはダイダロスとディアボロスでしょうね。

誰もが思いつくのは【ライトロード】ですが……単純に打点要因として加えるだけでも爆発力は上がりそうですねw
事故率も上がりそうですがw


自分は【ワーム】と組み合わせようと思って今構築中です。
未来融合で一発で条件クリア→TUEEEEEE!
スネーク・レインという凶悪な墓地肥しカードもあるので結構いけそうです。

現在ADSでテストプレイ中ですがなかなか強い。墓地肥しとヴィクトリーの相性がいいのもありますしね。



・コメント返信

みんな!聞いてくれ!
俺はカウントダウンは最強じゃないかと思っていたが……どうやら違ったようだ。

……六武かバーンに当たると死ねるwwwwwww

六武:シエン効果でw効果でw効果でw→手札がつきる。
バーン:ライフ2000も減らしてくれてアザースwww

世の中うまくできてるもんだね!


>>ミスターTさん

コナミトーナメント優勝の【ラヴァル】もカーD3積みだったらしいですからねー
兎(500円ぐらい)はいきそうな気がします。マジで。

ストレージで50円はうまうまでしたw


>>アリーナさん

ヴェーラーはないことを祈るぐらいしかないですねw
とは言ってもヴェーラー一枚程度なら強引にワンキルに持っていくことも不可能ではないですからねー

裂け目はワンチャンありそうです。
ユニットは墓地へ行きますから、ヴェーラー打たれず持ってけるかも知れません。
細かくは考えてないのでホントにその状態でワンキルいけるかはわかりませんがw


>>HSRさん

(使ってる自分は)面白いデッキです。
フリーか友人間でネタとして使うぐらいにしておいた方が人間関係的にはよさそうですw
……使われてる方はたまったもんじゃないですw


では今回はこの辺で。次あたりは【ライトレイワーム】のレシピを上げられるようにしたいですね。

コメントはいつでも募集中です!

スポンサーサイト
【ジャンル】:ゲーム 【テーマ】:遊戯王OCG
コメント(3) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://oddbane.blog79.fc2.com/tb.php/162-5be1521d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。